足尾章之のブログ

主にバイクやその他の趣味、あんまり中身はありません。

甦れ!タウンメイト!!!! ~クラッチ異常編~

先日無事エンジンが復活したタウンメイトですが、

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

 

 

 

 

クラッチが固着?していて発進できず、発進しても常時半クラみたいな感じになっています...

これは開けないと直せない感じです。

怖いけど開けます。

 

まずはオイルを抜いて...

それからクランクケースのネジを外します。

なぜ...ヤマハは六角ボルトでなくネジを使ったのか.....錆びてて外れない....

 

インパクトドライバーがあればなぁ...でも高い。

そんなときは、
f:id:keitarose067018:20180618092453j:image

 貫通ドライバーを使って叩くと回りやすくなります。ここは後で六角ボルトを新調して交換ですね。

 

ネジは取れたものの、マフラーが干渉してカバーが外せません。マフラーも取ります。

 

 

 

 

マフラーのボルトが固着してどうしても取れません...
f:id:keitarose067018:20180618092927j:image

 

ネジザウルスでも歯が立たず...
f:id:keitarose067018:20180618093039j:image

ネジザウルスリキッド。これで錆を溶かすも取れず...
f:id:keitarose067018:20180618093104j:image

 

3日間、このボルトと格闘したあげく結局切断することになりました...無念...
f:id:keitarose067018:20180618093312j:image

明日は明日の風が吹く...残ったネジは後で取ろう...

 

 

マフラーに引っ掛かるので後輪も一緒に外しました。
f:id:keitarose067018:20180618093447j:image

 ボルトが裏にあるんですよね。
f:id:keitarose067018:20180618093554j:image

 

 

それではクランクケースを開けます。
f:id:keitarose067018:20180618093716j:image

 この円柱型のがクラッチです。

スラッジが貯まって詰まってます。錆びもあります。

 

 

リングを取ったら分割できました。真ん中のネジとは戦わなくてもいいです。
f:id:keitarose067018:20180618093914j:image

 

 

プレートがたくさん出てきます。順番と向きをきちんと管理しないと後で面倒です。
f:id:keitarose067018:20180618093948j:image

 バネの詰まりを取って可動部分が正常に動くようにしました。この詰まりが原因だったのでしょう。

 

 

一番奥に入っているこの玉、これが遠心力で動いてクラッチを繋げるとか何とか。
f:id:keitarose067018:20180618094043j:image

 この玉が転がっていかないように組み付けはバイクを倒して行います。
f:id:keitarose067018:20180618094250j:image

 

 

組み付け完了。

ガスケット買ってないのでしばらく開けたままです。果たして正常に動くのか...

 

ついでにシャフトドライブも清掃。
f:id:keitarose067018:20180618094646j:image

驚いたことに全く錆がありませんでした。

変な削れや傷もなし。クランクシャフトって長持ちですね。50ccバイクには贅沢すぎるほどです。

 

 

今回はここまで。

後はガスケット買って掃除しながら組み付けです。これで直らなかったらバイク屋に持っていきます...

あっ....マフラーのボルトどうしよう....

 

 

 

                                                  ~続く~

 

 

 

祝!!開山1300年!! 原付バイクで大山へ!!!!

中国地方最高峰の山、大山(だいせん)。

私の故郷のシンボルであり、古くから人々の信仰の対象であったこの偉大な山は今年で開山1300年を迎えます。

f:id:keitarose067018:20180612112059j:plain

日本名峰ランキングでも毎年上位にランクインしています。



 今年は1300年祭ということで地元は大変な盛り上がり。

www.daisen1300.org

 

夏は登山、秋はキャンプ、冬はスキーとできること満載の大山ですが、そんな大山はどこにあるのかというと、鳥取県西部の西伯郡大山町にあります。

鳥取県砂丘だけじゃないんです。鳥取県民だよと自己紹介すると「あ~砂丘!!」とよく言われますが県西部に住む人はほとんど砂丘に行きません。

私も一回だけ行ったことがありますが、それっきりです。

 

 

 

 

出雲の風土記にも記述のある日本最古の神山こと大山ですが、その大山の山岳信仰の中核が大山寺です。(大山にまつわる信仰や逸話の数は多すぎて紹介しきれないので割愛します。)

f:id:keitarose067018:20180616004607j:plain

↓詳しくはこちら。

天台宗別格本山 角磬山 大山寺 公式サイト
daisenji.jp

 JR米子駅からバスも出ているようです。

 

 

 私の祖父は大山と大山寺が大好きで、よくその話をしてくれます。

本まで出版してしまうくらい大山が好きなようです。

しかし、私は今の今まで行ったことがありませんでした。

原付免許を取って3ヶ月、行動範囲も広がり、1300年祭ということで行くなら今年しかねぇ!!と、この間の休日に初めて行ってきました。

 

果てしなく長い急勾配、果たして50ccバイクでたどり着けるのか.........!?!?

 

 

 

 

 

 

 

出発したのは午前11時くらい。下道でのんびり行きましょう。30分くらいで大山のふもとまで来ました。

f:id:keitarose067018:20180616012119j:plain

 ここまでも割と坂がきつかったですが、まだ3速でなんとか登れています。

 

 

せっかくなので車載動画を撮ってみました。ハンドル固定なので振動で画面がブレブレで、おまけに風がうるさいです。欲しいなぁ、GoPro。


大山ツーリング。ベンリィ、止まる。

動画終盤、長い坂道で後ろから来た観光バスに道を譲りましたが、これが大失敗でした。

坂で減速してしまったためエンストしたのです。坂道発進を試みるもあまりの急匂配にエンジンが負け、発進不可能。これは詰んだか...


詰んだベンリィ。

 

結局、20分くらい立ち往生しました。押して登ろうにもバイクが重い。

プラグがかぶってしまったので車載工具でプラグを外し、きれいに拭きました。

ついでに休憩してエンジンを冷ましてから、坂が緩いところを探してエンジンを空ぶかししてから勢いよく1速に繋ぎ、なんとか脱出できました。

 

 

それからもちょいちょいエンストしながら(笑)走り続けること1時間。

f:id:keitarose067018:20180616013758j:plain

なんとかたどり着きました。大山寺の参道前です。

 

 

f:id:keitarose067018:20180616013923j:plain

昭和の観光地感がハンパないです。写真では少なく見えますが、登山客、参拝客、ツーリング客で一定の賑わいを見せていました。

 

モンベルもここにあるんですね。 山奥なので誰も来ないかと思いきや大繁盛しているようです。

これなら手ぶらで来てしまっても本格登山ができますね。(お金があれば)

 

 この前新しくオープンした大山参道市場。

f:id:keitarose067018:20180616014936j:plain

大山グッズから焼き立てのパン、大山ブランドのハムや野菜、米やパスタなど色々なものが売っています。食事もできるみたいです。

他にも参道にはおしゃれなカフェや旅館などがあり、結構賑わっています。

 

営業してるかどうか微妙な感じの建物や廃墟もありますが・・・

f:id:keitarose067018:20180616015331j:plain

 

 

参道を少し上ると大山寺の門が見えてきます。入場料は300円。大山寺は檀家がないので主に寄付や入場料で経営しているそうです。

f:id:keitarose067018:20180616015546j:plain

大きな杉の木や鳥の鳴き声などが聞こます。神秘的な場所です。

 

f:id:keitarose067018:20180616020156j:plain

赤や黄色ってあまり見ない気がします。鮮やかでいいですね。

 

 

 

これが本堂です。昭和3年に仮本堂が焼失し、昭和26年に現在の本堂が建てられたそうです。

f:id:keitarose067018:20180616020230j:plain

 

大山が見えます。富士山のような形をしている大山のもう片側はかつて噴火によって吹き飛び、崖のようになっています。

f:id:keitarose067018:20180616020553j:plain

非常に落ち着く場所です。

f:id:keitarose067018:20180616021426j:plain

 

 

もう一つ、この上に大神山神社という神社があります。行ってみましょう。

f:id:keitarose067018:20180616021534j:plain

結構歩きました。

f:id:keitarose067018:20180616021655j:plain

 

f:id:keitarose067018:20180616021806j:plain

 

 

これが大神山神社です。

f:id:keitarose067018:20180616021914j:plain

 

時代を感じさせる落書きが本殿の裏にありました(笑)多分昭和初期くらいだと思います。

f:id:keitarose067018:20180616021953j:plain

 

この大神山神社ですが、もともとはここが大山寺でした。明治時代になって「神と仏とを別々に祀れ」という所謂神仏分離の令が出され、その時、神社と寺が別れたのです。

当時、廃仏毀釈によって大山寺は号を廃され、本殿を神社に引き渡す形で下に移動しました。これを機にかつて信仰、商業で栄えていた大山寺は急激に衰退することとなります。その名残は今でも根強く残っており、こんな近距離にありながら神社と寺の関係は薄いようです。いつかまた、かつてのように一つに仲良くまとまればいいですね。

 

 

 

 

 

せっかくなので近くの霊宝閣にも行きました。

www.daisen.jp

 

セキュリティがガバガバです。田舎は信頼で成り立っています。

f:id:keitarose067018:20180616024101j:plain

ニュースになってた太刀です。(詳細忘れた)

確か復元したとかなんとか・・・

f:id:keitarose067018:20180616024440j:plain

他にも仏像や鐘など20点ほど展示してありました。

 

 

 

大山寺は良いところでした。初めて行きましたが、行ってよかったです。

なぜ大山が信仰を集めていたのか何となくわかったような気がします。色々見ながら歩いているうちに山に対する尊敬の念というか歴史の深さや自然の神秘に心を打たれました。毎年行きたいですね。次は最低でも250ccのバイクか車で来たい。

f:id:keitarose067018:20180616025250j:plain

 

 

 

 

 

 

 

帰ります。

ついでに「大山まきばみるくの里」にも寄りました。

f:id:keitarose067018:20180616030152j:plain

 食事から牧場体験までできるレジャー施設です。

 

 ツーリングスポットになってるみたいですね。「単車はこっち!!」と警備員に誘導され、ついていくとバイク専用の駐車スペースがありました。

f:id:keitarose067018:20180616030010j:plain

場違い感がすげぇ。

 

ここのソフトクリームは絶品なんです。とにかく美味しい。

どのくらい美味しいかというと、写真を撮る前に早まって食べてしまうくらいです(汚くてすいません)。

f:id:keitarose067018:20180616025713j:plain

 

 

大山が一望できます。写真撮るならここですね。

f:id:keitarose067018:20180616030600j:plain

 

広い芝生があり子どもたちが遊んでいます。...平和だなぁ......

f:id:keitarose067018:20180616030653j:plain

 

もちろん牛もいます。牛は子どもに大人気!!

でも、いざ近くに来ると怖くて子ども泣いちゃうんですよね。

f:id:keitarose067018:20180616030809j:plain

次はスーパーで会うかもしれません。

白バラ牛乳のグッズがたくさん売っていました。私が買ったのは消しゴム。

甘い匂いがします。

f:id:keitarose067018:20180616032554j:plain

 

 

 

 

今度こそ帰りましょう。

取り残されたベンリィ。哀愁がすごい。

f:id:keitarose067018:20180616031127j:plain

 

 

ようやく4000kmに到達しました。製造から21年。まだまだ走っていませんね。

f:id:keitarose067018:20180616031253j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

大山の魅力はこれだけではありません。登山、観光、食べ物、スポーツと多岐にわたり紹介しきれるものではありません。

今年は大山開山1300年祭ということでこれから8月11日の山の日に向けて様々なイベントが開かれるようです。イベントカレンダー

 

グルメ、観光ともに頭角を現しつつある大山。

皆さんも一度訪れてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 ↓よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 


バイクランキング

甦れ!タウンメイト!!!! ~エンジン復活編:続~

先日15年ぶり(?)にエンジンに火が入ったタウンメイト50ですが、

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 エンジンはかかったものの、アイドリングは不安定で、おまけにスロットルを捻るとどこかでワイヤーが引っ掛かってエンジンが止まってしまいます。オーバーフローもしてます。そして謎のバネが一本余ってる....

 

今回はエンジンの完全復活を目指して更なるキャブの掃除をしました。

 

中も汚いですが外のサビが酷い。
f:id:keitarose067018:20180614091828j:image

 

オーバーフローしているということはフロートが機能していない?

取り敢えず外して清掃しました。(写真忘れた。)

ヤマハはWebでパーツリストを公開しています。
f:id:keitarose067018:20180614092611j:image

これでいくとフロートは12番です。11番がそれを止めているピンで引っ張ると抜けます。

9番がガソリンの流入を止める部品です(名前知らない)。ここが詰まってるとオーバーフローします。多分。

ちなみに、エアーの調整は3番のネジ。

アイドリング調整は4番のネジでアクセル開度を調整して行うようです。

 

今回、一番効果を発揮したのがこれ。
f:id:keitarose067018:20180614093303j:image

 サビ取り剤です。こいつにキャブの外側のパーツを浸け錆を落とします。ついでに汚れも取れてくれ。

 

 

きれいになりました。
f:id:keitarose067018:20180614093440j:image

部品の可動域が大きく変わりました。

特にアクセル。今まではバネが錆びて引っ掛かっていたようです。スロットルを捻ると固定されてしまう不具合も消えました。


f:id:keitarose067018:20180614093726j:image

組む前に空気入れで詰まってないか確認。

 

 

組んでエンジン始動!!

...キックするもエンジンは掛からず。またどっか詰まったかなぁ....

しかし、蹴ること数十回....

 


タウンメイト完全復活!!!

 

おお....直った....

非常に力強いエンジン音です。アイドリングも安定しました。吹け上がりも問題なし。

 

じゃあさっそく乗ってみようということで近くの空き地で跨がってエンジン始動。

ギアを一足に入れると....ガンッ!!と衝撃がありエンスト。あれ...遠心クラッチだよね...?

 

 

どうやらクラッチがくっついて切れなくなっているっぽいです.....

クラッチも開けなきゃダメかぁ.....

 

 

 

 

                                                        ~続く~

 

 

 ↓クリックお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

甦れ!タウンメイト!!!! ~エンジン復活編~

前回紹介したこのタウンメイトですが、比較的状態の良い50ccの方からレストアしていこうと思います。

ちなみに全くの素人です・・・バイクを本格的に分解した事なんてない...

果たして無事にできるか・・・!?
f:id:keitarose067018:20180612110332j:image

車体に入っていた自賠責保険の書類から、保険が切れたのが今から15年前.....つまり15年放置車両ということです...

 

当然エンジンはかかりません。

確認してみると、圧縮はあり、スパークもしています。どうやらキャブレターが詰まっているようです。

 

ネジが全部死んでる...
f:id:keitarose067018:20180612110748j:image

 

劣化がひどく、外すのに苦労しました。ネジは全部交換ですね。

 

 

キャブレター....汚い...
f:id:keitarose067018:20180612110826j:image

 

取り敢えずキャブクリーナーとパーツクリーナーを吹き付け掃除をしてみたがダメでした。初日はここで終了。

 

 

 

 

 

 

2日目。もう一度キャブの掃除をしました。今度は分解し、時間をかけて洗います。

 

ネジが全部死んでるので、色々道具を揃えました。

 

ネジザウルス

f:id:keitarose067018:20180612232430j:image

ネジザウルスがいると頼もしいです。

1500円で買ってきました。色々種類がありましたが、一番スタンダードなタイプのやつを買いました。

エンジニア ネジザウルスGT φ3~9.5mm用 PZ-58

エンジニア ネジザウルスGT φ3~9.5mm用 PZ-58

 

 

 

 

 

なんか高かったスプレー。
f:id:keitarose067018:20180612232600j:image

冷却して固着したネジをとるらしいです。

KURE(呉工業) フリーズルブ3030

KURE(呉工業) フリーズルブ3030

 

 

 

 

 

 

 

 

では、キャブを洗います。
f:id:keitarose067018:20180612232632j:image

 

 

どうやらこいつが詰まっているようでした。あまりにもきれいに詰まっているものですから元からそういう部品だと思ってスルーしていました。
f:id:keitarose067018:20180612232132j:image

 

 

キャブクリーナーにつけて放置。

f:id:keitarose067018:20180613001416j:plain

 

 

その後、30分ほどで詰まりが取れました!! 

 

 

 

f:id:keitarose067018:20180613001955j:plain

まぁこれくらい綺麗になればいいか・・・(諦め)

 

 

 

 

さっそく取り付けて・・・あれ?・・・ガソリンがキャブまでいかないぞ・・・

f:id:keitarose067018:20180613002219j:plain

 

どうやら燃料の取り込み口が詰まってしまったようです。しかもかなり強力に詰まっていました。さっきまで大丈夫だったのに・・・

パーツクリーナーは効果なし、針金でも届かない・・・

 

 

 

ここまでか・・・と思ったその時!

いいものを見つけました。それは・・・「自転車の空気入れ」です。

f:id:keitarose067018:20180613002736j:plain

つまった場所に挿して、思い切り空気を入れると、「ボフッッ!!!」と大きな音がして開通しました(笑)

 

では気を取り直してまた組み込みます。

 

 

ちょっとガソリンが漏れてる・・・ガスケットは新調しないといけませんね。

 

キックすること数十回。ついに・・・


タウンメイト復活!!!

 

エンジンがかかりました!!!!!!

やったーーー!!

15年間野外放置でもどうにかなるものですね。

 

ですが、いまだ到底使える状態ではありません。

アイドリングも安定しませんし、フルスロットルでないと止まってしまいます。

 

 

 


まだ少しキャブレターがつまっているようです。これは日を改めてまた清掃をしないといけません・・・

あと、オーバーフローしてます(笑)

フロートやその他の部品も新品に交換したいですね。

 

とりあえずエンジンがかかって良かったです。

                                                   ~続く~

 

 

↓登録してみました。良ければ押してください!


バイクランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

みんなはお前をスーパーカブと呼ぶ......

いきなりですが問題です。

このバイクの名前は何でしょう??
f:id:keitarose067018:20180610213621j:image


f:id:keitarose067018:20180610213711j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンダのスーパーカブだと思ったそこのアナタ、残念っ!!

これはヤマハのタウンメイトというバイクです。メイトには2stと4stとありますがこれは4stです。

近所の中華料理店から2000円で買ってきました(笑)

蛇足ですが、そこの中華料理店の先代は太平洋戦争時、一式陸攻パイロットだったそうで以前来店した際は、米軍のB-25との空戦の様子を熱く語ってくださいました。本格中華の名店です。


f:id:keitarose067018:20180610214243j:image


f:id:keitarose067018:20180610214305j:image

 

 

 

話を戻しますが、そこで買ったのはタウンメイト80、これは1987年製です。店主曰く、鍵を紛失したそうで、配線をいじってキー無しでエンジンがかかるようになってました。

 

ハンドルの横から出ている線がそれです。
f:id:keitarose067018:20180610221838j:image

 

 

 

 

なんとそれから、もう一台買いました(笑)

こっちはバイク屋で3000円でした。
f:id:keitarose067018:20180610214805j:image

タウンメイト50です。これも4stです。

こっちもキーが無いかもしれないという......

 

 

 

スーパーカブにそっくりなタウンメイト。PUBGと荒野行動くらいそっくりです。

訴えられたら負けていたかもしれません(笑)

まぁそれだけスーパーカブのあのスタイルがビジネスバイクとして完成されていたということなのでしょう。ビジネスバイクを合理的に考えた結果、行き着くのがこのスタイルというだけなのかもしれません。

 

ですがこのタウンメイト、他にはない珍しい特徴があります。

これがそうです。
f:id:keitarose067018:20180610215920j:image

ここはチェーンがあるはずの場所なのですが、チェーンは見当たりませんね....

そうです!このバイク、ドライブシャフトでエンジン動力をタイヤに伝えているのです!!!

 

チェーンに比べてメンテナンスが少なく、丈夫で安く済む。これがヤマハの戦略だったようです。

こんな歌まであります(笑)


ヤマハ メイトのうた

 

さぁ、この2台のタウンメイトですが、レストアして乗ろうと思います。現状ではキーが無いためなんとも言えませんが、おそらくこの状態ではエンジンはかからないでしょう。

80ccの方はスパークすらしてないです...

まずは50ccの方からですね。

 

これから随時レストアの様子を記事にしていこうと思います。

[メイトに乗ったら安上がり!!!]がキャッチコピーのタウンメイト、修理は少しばかり高くつきそうです。

 

 

 

 

 

 ↓よろしくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ベンリィ50sにタコメーターをつける。


f:id:keitarose067018:20180609003150j:image

どうもこんにちは。

今回はベンリィにタコメーターをつけてみたので紹介します。

 


f:id:keitarose067018:20180609003413j:image

買ったのはKOSOのデジタルタコメーターです。

 

 

 

これを選んだ一番の理由は小さいからです。

 少し大きめの消しゴム位の大きさです。できるだけ外観を変えないために、これにしました。


f:id:keitarose067018:20180609004216j:image

このタコメーターは電気式です。

プラグコードからパルスを拾ってエンジン回転数を測定します。

 

割りと親切な説明書が入っていました。
f:id:keitarose067018:20180609004615j:image

 

ここからかなり苦戦し、写真をとり忘れていました。
f:id:keitarose067018:20180609004832j:image

 

 

タコメーターの配線です。
f:id:keitarose067018:20180609005251j:image

赤をバッテリーの+へ、黒をアースへ、そしてもうひとつの配線はパルスを拾うためのものです。

 

 メインスイッチに連動して電源を入れるため、メインスイッチ経由で接続します。

ごちゃごちゃしてます。
f:id:keitarose067018:20180609005706j:image

 

 

黒いカプラーが目印ですが、これがメインスイッチから出ているコードです。
f:id:keitarose067018:20180609010438j:image

これの黒いコードがバッテリーの+へ、緑のコードがアースへと繋がっています。

黒とよく似た白黒のコードがありまた、緑も2本あるのでややこしいです。

 

 

死闘の末、取り付けが完了しました。
f:id:keitarose067018:20180609010932j:image

 

 

 

 


ベンリィ50s タコメーター

 

動作はこんな感じです。

 

表示は1/10のようでした。設定で変えれたかもしれませんが面倒だったので後日にします。

タコメーターのついたバイクに乗ったことがないのでよく分かりませんが、レスポンスはまぁまぁ良い方だと思います。

Nで限界まで回すと9000回転、走行時は7000回転を越えた辺りから振動が出始め、最高で8000回転位まで回っていました。どこからがレッドゾーンなのかさっぱり知りませんが、大体8000回転以上でレッドゾーンっぽい音がするのでこの付近かと思います。

 

 

 

 

 

 


バイクランキング

さようなら、ノーメンテバイクライフ。 初心者でもできる簡単メンテナンス!!

 原付免許をとってバイクに乗り始めてから3ヶ月が経ちました。

私が乗っているのはベンリィ50sという50ccのMT原付バイクです。

1997年製、今年で21年目ですがメーターは未だ4100km。

21年落ちは古いのか、それともまだ新しい部類なのか、バイク歴の浅い私には判断しかねますがまだ大丈夫そうです。

 

こういうタイプの原付バイクもあまり見かけなくなりましたね。

f:id:keitarose067018:20180531000642j:plain

 

もとから割と綺麗でだったとはいえ、10年間不動だった車体です。

メンテナンスフリーというわけには当然いきませんでした。

 

購入したその日。


納車直後のベンリィ。

 これが現在です。


今日のベンリィ

 

動画では違いが分かりにくいですが実際走ると乗りやすさ、加速、最高速、すべてが良くなりました。

 

ここまで結構色んなことをやってみたので、これからバイクに乗り始めるという人、ほぼノーメンテで乗ってるという人の参考になればいいなと思い、私がこの3ヵ月でやってみて良かったメンテナンスを紹介しようと思います。

 

私のバイクは小排気量の原付バイクですが、他のバイクでも大体共通していることだと思います(多分)

 

1.バイクをきれいに。

バイクがきれいだと気持ちがいいですよね。

買ってまず第一に外装を綺麗にしました。

f:id:keitarose067018:20180531010624j:plain

 

表面の汚れやサビを落とし、仕上げにワックスを塗って磨きます。サビ止めなどの処理もすると良いです。

 

金属磨きと錆び取り剤です。

f:id:keitarose067018:20180531011057j:plain

 

サビは削って落とす、あるいはサビ取り剤などの薬品によって化学反応(?)で落とします。

 

塗装面のサビ落としにはサビ取り剤がいいです。研磨剤でこすると細かな傷がついてしまい、逆に汚くなってしまいます。

 

軽度のサビ、かつ傷のつきにくい部分(ハンドルやエンジン、ホイール、スポークなど)には金属磨きを使いました。金属磨きは表面のくすみをとってピカピカにしてくれます。ピカールがオススメです。

 

傷がつくのであまりやりたくありませんでしたが、サビの特にひどい部分は金ブラシや錆び取り消しゴムで表面のサビをを削りました。

貝印 砥石 サビ消しゴム DH-5267

価格:530円
(2018/6/1 19:19時点)
感想(0件)

使う場所は慎重に選んでください。表面に傷がついた部分は錆びやすくもなります。

大方削り取った後は、錆取り剤で残りを落とし、金属磨きで磨くとそれなりにきれいになります。

 

サビ止めにはこういうやつ
f:id:keitarose067018:20180531093510j:image

 赤サビを黒サビへと変化させる薬品です。

サビの進行を抑えてくれます。また、表面がコーティングされるので再度錆びる心配もありません。

欠点は、塗った部分がめっちゃ黒くなるので目立つ部分には使えないということです。

私はタンク裏とチェーンカバーの内側に塗りました。

目立つ部分のサビ防止にはkure556を塗っておきました。

 

 

タイヤやシートなどのゴム部分、カウルなどのプラスチック部分の保護にはこれがおすすめです。

f:id:keitarose067018:20180601175219j:plain

↓これです。

ナポレックス(NAPOLEX) 合成素材の保護、つや出し ARMORALL(アーマオール) プロテクタント500ml A-5

価格:754円
(2018/6/1 19:23時点)
感想(3件)

ゴムやプラスチックが潤いを取り戻し、長持ちします。

素材によっては色が落ちていた部分に色が戻ります。

 

その他の汚れもきれいにしましょう。取れにくい油汚れや泥汚れはパーツクリーナーを使うときれいに落とすことができます。

f:id:keitarose067018:20180601185546j:plain

ブレーキにも使えます。

 

ある程度外装がきれいになったら磨きます。

くすんだ塗装面には表面仕上げ剤を使いました。

金属部分には金属磨きがいいでしょう。KURE55-6でもある程度はきれいにできます。

f:id:keitarose067018:20180601185930j:plain

 

仕上げにはワックスです。

車用の固形ワックスが一番効果がありました。

f:id:keitarose067018:20180601174558j:plain

 買ったときよりもいくらかきれいになりました。

f:id:keitarose067018:20180601174716j:plain



 

3.とにかく注油。

これも基礎的なことですが注油は非常に大切です。

チェーンの注油ももちろんですが、車軸やその他の駆動部分にもした方がいいです。

 

潤滑油といえばKURE55-6が有名ですが細部まで浸透しやすい反面、耐久性がなく、あまり長持ちしません。

鍵穴やスイッチ類などのちょっとした部分にはいいですが、回転部分や駆動部分にはシリコンスプレーやグリースがいいでしょう。

f:id:keitarose067018:20180601181847j:plain

 

たくさん種類があって悩みます。

f:id:keitarose067018:20180601182312j:plain

 

いろいろ試してみましたが、私が一番いいと思ったのはシリコングリースです。

イチネンケミカルズ NX26 シリコングリーススプレー 220ml [お取寄せ]

価格:1,814円
(2018/6/1 19:42時点)
感想(0件)

とにかく駆動部分にはすべて注油をしてあげましょう。(ブレーキにはかけないように)

 

古いバイクだと古い潤滑油がホコリと混ざって駆動部分にこびりついていたりします。

私はKURE55-6で洗い流しています。パーツクリーナーを使うのも手だと思いますが油が全部流れるのであまり良くないかもしれません。

 

 

注油によって振動や異音が改善することもあります。

金属パーツがカサカサになる前にこまめに注油しましょう。サビ防止の効果もあるので一石二鳥です。

 

3.侮れない電気。

主にガソリンで走るバイクですが、ライトやウインカーなどの灯火類を初め、点火類や燃料噴射まで様々な部分に電気が使われています。とりあえず繋がっていればokというならしなくても良いのですが、サビたり汚れたりして抵抗が大きくなっているコードの接点をきれいにすることでバイクのパフォーマンスを改善することができます。

 

接点を磨くのが面倒だと言うならコンタクトスプレーがオススメです。

f:id:keitarose067018:20180607091204j:image

私のバイクはこれで鳴らなかったウインカーの音が復活しました。

 

特にバッテリー端子、ヒューズ端子、イグニッションコイル、プラグキャップは効果がありました。

 

ヒューズは切れていなくても古い場合は変えてもいいかもしれません。ホームセンターで150円位です。
f:id:keitarose067018:20180607091742j:image

私のバイクの20年物のヒューズを新品に変えたところライトやウインカーが明るくなりました。

 

 

これは車の話なのですが、車体表面を流れる電気も走行性能に大きく影響するのだそうです。トヨタも車にアルミテープを張れって言って一時期話題になっていましたね。

最初聞いたときは車に電気ってなんのこっちゃと思いましたが、エンジンや車軸の回転から、車体と外気の摩擦によって、そもそもアースでバッテリーと繋がっていたり、など車体に電気が流れる要因はたくさんあります。

その電気の流れの最適化が車にとって大切なのだそうです。

具体的には、アースや絶縁をしっかりする、電気の流れる車体表面をきれいに保つ、コードの接点をきれいにして配線を整理するなどです。

これがボディの少ないバイクにどれだけ共通しているのかは分かりません。

それでも、アースや絶縁の見直し、車体の清掃、回転部品の掃除はバイクにも効果があるのではないかと思います。

 

 

電気......奥が深い.....!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、バイク初心者の私がやってみた主な整備でした。少しでも誰かの参考になればいいなと思っています。原付バイクじゃあ役不足でしょうか...

もっと良い方法があったら教えてください。

将来的にもっと大きいバイクも買う予定なのでそのときはまた改訂版を書こうと思います。