原甫草のブログ

主にバイクやその他の趣味、あんまり中身はありません。

タウンメイトを格好よくしたい!!!(ミリタリー塗装)


先月、15年の長い眠りから目を覚まし、再び我が家で元気に走ってるタウンメイト2号ですが、
f:id:keitarose067018:20180806093256j:image

 

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

タイヤはボロボロのツルツル、塗装も色あせていて、みすぼらしいです。こういうのも嫌いじゃありませんが、せっかくレストアしたのだから見た目くらいは変えたい!!あとタイヤも!! 

 

ということでタイヤの交換と塗装をしました。

 

 

買ったタイヤはこれ。f:id:keitarose067018:20180806093737j:image

一本2000円でした。メーカーはミシュランです。

チューブやバントも買って合計6000円程度。これで所持金が尽きました...

 

タウンメイト50のタイヤ規格はインチ表示で前後ともに2.25-17というものを買えばいいです。リム径が1.4のベンリィは2.5-17を履いてたりしますけどタウンメイトはリム径が1.2なのであまりオススメしません。

(80ccのメイトはリアタイヤのリム径が1.4なので2.5-17を履いてます。)

 

 

なにせ初めてやったものですから大変でした。

 

もう使わないだろうということでタイヤを切るという暴挙にでる。(ワイヤーが仕込んであって結局取れなかった。)
f:id:keitarose067018:20180806094913j:image

 

よくもまぁこれで走れたなってくらいタイヤがボロボロ。あと、すごく臭い。腐ったエビみたいな臭いがします。
f:id:keitarose067018:20180806095139j:image

 

タイヤが外れたらリムの錆を落とします。
f:id:keitarose067018:20180806095416j:image

 

このように、ドリルの先端にワイヤーブラシをつけて削ると便利です。
f:id:keitarose067018:20180806095457j:image

 

リムバンドをつけて(これがないとパンクする)、
f:id:keitarose067018:20180806095652j:image

 

 

あとは気合いで組む。
f:id:keitarose067018:20180806095810j:image

タイヤをつけるだけで2時間くらいかかりました。

 

終わったと思いきや、何とリアタイヤに空気を入れてもなぜか抜けてしまう...

どうやらパンクしてるようです...

 

面倒なのでこれを使いました。
f:id:keitarose067018:20180806100303j:image

車のパンク修理剤。本来はチューブレスタイヤ用ですが多分チューブタイヤにも使えるでしょう。

 

1回目、タイヤの空気を入れたまま使用し、失敗。逆流してきました。
f:id:keitarose067018:20180806100524j:image

 

この後、何度か噴射すると穴がふさがりタイヤ復活!!

 

穴がだいぶ小さかったようで助かりました。

 

 

 

 

次は塗装です。

 

まず、塗装剥離剤を車体に塗ります。劇薬なので皮膚につかないように注意してください。

 

 

 

塗装がブヨブヨのワカメみたいになって剥がれます。これが愛車にかかったらと思うと恐ろしい.......
f:id:keitarose067018:20180806101524j:image

 

 

 

塗装無しもかっこいいな...
f:id:keitarose067018:20180806101655j:imagef:id:keitarose067018:20180806101856j:image

昔のロケットみたい。

大体取れたら良い、くらいな感じで塗装を剥がしてます。剥がさなくても普通に塗れます。

 

 

 

各所にマスキングをして、
f:id:keitarose067018:20180806102027j:image

 

 

 

サビ止め効果付きの下塗り剤を塗ります。f:id:keitarose067018:20180808000643j:image

 

一本400円の安物ですが、十分な仕事をしてくれました。
f:id:keitarose067018:20180806102049j:image

 

 

今回選んだ色はタミヤのダークイエロー。
f:id:keitarose067018:20180806102226j:image

 

ドイツ軍のタイガー戦車でお馴染みの色です。

f:id:keitarose067018:20180806102808j:image

 

 

タウンメイトは全体的に「堅牢」って感じでメーター回りなんかもゴツく、ドライブシャフト駆動でエンジン音も50ccらしからぬ音がします。

なので、外装部品を一切変えないまま色だけ塗り替える場合、ミリタリー路線が一番自然だと思いました。また、オリーブドラブ(自衛隊の色)だと結構ありきたりなのであえてこの色に。

今後錆びたり、汚れたり、塗装が剥げたりした場合でもミリタリー仕様なら味になるかなっていうのもあります。

 

 

 

下地処理をきちんとしたので色の乗りがいいです。
f:id:keitarose067018:20180806114837j:image

 

これは期待大。
f:id:keitarose067018:20180806114944j:image

 

ウインカーも塗ります。
f:id:keitarose067018:20180809034032j:image

 

 

仕上げにクリアを吹きます。これも一本200円の安物。

他の商品は高いです。一本1200円くらいする。
f:id:keitarose067018:20180808000539j:image

 この程度の塗装に吹くなら安物でもそんなに差はないと思います。ミリタリー塗装なので多少汚くてもいいんです。

 

 

部品を組み直します。ボルトやネジを丁寧にしっかり締める、これが大事。

 

 

その結果...
f:id:keitarose067018:20180808000735j:image

 

 

 

「タウンメイト、乾燥地仕様」って感じでいいですね~!!!

f:id:keitarose067018:20180808193944j:plain

予想通りこの色は当たりでした。

筆で塗ったフロントフェンダーの色が若干濃いのが気になる...

 

その後、レッグシートをつけて完成!!!f:id:keitarose067018:20180815233446j:image

f:id:keitarose067018:20180815233511j:image

随分、印象が変わりましたね。

まだ何も文字などを入れていないので市販カラーみたいな感じですが、ここから色々装飾を施して個性を出していこうと思います。

 

タイヤはまだ慣れてないせいかギクシャクしてますね。走ってるうちに直るんでしょうか?

 

 

ということで今回はここまでです。

 

 

 

                               ~完~

 

 

 

タウンメイト美保関の旅。

先月、レストアしたタウンメイト。

あれから休み日の度に乗ってます。

乗れば乗るほど調子が上がってくる感じです。

f:id:keitarose067018:20180731124503j:image

 

原付バイクっていいですね。50ccでも人間1人運ぶのには充分ですし税金も、燃料費も安い。自動車2回分の給油料金で原付バイクは2年間維持できます。貧乏学生が持つにはちょうどいいです。

 

今回は、思い付きで島根半島の方へ行ってきました。

この日はあの逆走台風12号が中国地方へ上陸していましたので、「台風など恐れるに足らん。ちょっと田んぼの様子を見てくる。」とフラグを立てられるだけ立ててから家を出ました。

 

が、

 

 

めちゃくちゃいい天気でした。
f:id:keitarose067018:20180731125246j:image

山陰地方ってたまにこういうことあります。

台風が山陽経由で来るとこんな感じです。中国山地がブロックしてるんですかね。

 

 

ひとまず、前から気になっていた美保神社が目的地です。

 

 

今回も一人で行きます....

 

 

 

 

 

走ること30分、境港に到着。漁船がかっこいい。
f:id:keitarose067018:20180806115948j:image

 

鳥取県島根県を繋ぐ橋を渡って島根県へ。

美保神社」という標識を頼りに走っていくと小さな漁港に着きました。f:id:keitarose067018:20180806120540j:image

 

どこかに忘れてきた「夏」に再び会ったような気分です。初めて来たのに、どこか懐かしい。
f:id:keitarose067018:20180806120616j:image

 

 


美保神社です。歴史は大変古く、8世紀に編集された「出雲風土記」にも登場します。


f:id:keitarose067018:20180806142549j:image

mihojinja.or.jp



出雲神話の神、事代主神(コトシロヌシ)を祀っており、えびすの総本宮だそうです。商売繁盛の神徳のほか漁業、海運の神として信仰を集めています。

江戸時代、海運業をしていた私の先祖も、航海の度にここへ参拝して無事を祈ったことでしょう。

 

国譲り神話の中で出雲の国を譲るべきかと大国主神(オオクニヌシ)に問われた事代主神は委譲するべきだと答え、ここ美保の海中に青柴垣を作り天逆手(あめのむかえで)を打ってその中へお隠れになったとされています。

ちなみにその天逆手は今の一本締めや三本締めの起源だそうです。

 

「ここには何か神聖なものがいる。」と私の家族を含め訪れた人の多くがそう言いますが今回、私もそう思いました。威厳というか畏れ多さというか、そういう何かを感じる場所です。

 

古い町並みも残ってます。宿もあります。
f:id:keitarose067018:20180806130834j:image

 

 

その次に行ったのは美保関灯台
f:id:keitarose067018:20180806132911j:image

山陰最古の石造り灯台で1898年にフランス人の指導のもと建設されました。

 

場所はというとここ。

f:id:keitarose067018:20180806142516j:image

 

良い眺めです。
f:id:keitarose067018:20180806133200j:image

 

 

 

 

日が暮れて来たのでこの辺りで折り返し、帰りは行きと少し違う道で帰ります。

 

道の駅、本庄。弁慶生誕の地らしい。
f:id:keitarose067018:20180806133722j:image

 

キリストの墓が青森県にあるそうですが、こういう偉人の生誕の地や墓って複数あったりしますよね。
f:id:keitarose067018:20180806133836j:image

 

 

 

 

 

 

 

キャブレターの加速ポンプを修理してからどうも様子がおかしいです。連続で10km程度走ると燃調が薄い症状が出て、エンジンのパワーが下がってしまいます。チョークを引くと暫くは戻るんですが、いよいよダメだとエンスト...

キャブレターの中のガソリンが足りなくなってるのか?それとも熱ダレか?

 

 

 

 

そうこうしてると道を間違えた。f:id:keitarose067018:20180806134411j:image

この橋はかの有名な江島大橋通称「ベタ踏み坂」と呼ばれます。数年前には軽自動車のCMにも登場していました。

 

いまさら引き返せないので通ります。

50ccバイクvsベタ踏み坂。

登れるかかなり心配です。エンジンをしばらく休ませて、ついでに写真も撮って準備をします。

 

原付バイクの制限速度は30km/hですがそんなこと言ってたら途中でエンストして後続車に轢かれてしまうのでとにかく勢いをつけて、スロットル全開で突入。ギアは勿論2速。

 

 

 

35km/hで坂に差し掛かりました。

意外にもメーターの針はぐいぐい数値を上げていきます。流石5馬力。余裕じゃんと思ったその時、坂のちょうど半分くらいの位置で例の燃調薄い症状が出始め、針が戻っていく...

 

ヤバいと思ってチョークを全開に引くとエンジンは「ブイーーン!」とパワーを取り戻しそのままなんとか登り切りました。

 

 

まだ桝水高原の方がキツかったかな。

 

ただ、その後はエンジンが疲れ果てたのかエンストしまくりで大変でした。

 

 

まぁそんな訳で今回、100km以上走ってみましたが特に故障もなく、安全に帰って来れました。

f:id:keitarose067018:20180806141329j:image

ただ、15年外放置だったタイヤがいつ爆発するか分からないので早急に交換したいと思います。ついでに塗装もしたいです。

 

               

 

 

 

                           ~ 完~

03:一式陸攻を探す旅。~捜索編その1~

前回の続きです。

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

 

 

あれから日を改めて実際に泳いでみました。

それで1つ、分かったことがあります。

 

水深が異様に深い.....

 

なんと、先日載せていた地図では6mほどしかないはずの場所の水深が10m以上あるのです。ここは戦後に埋め立て工事の材料調達のため、湖底の砂を取ったという話は聞いていましたが、予想以上に範囲が広く、そして深い。

 

 

 

これは一体どうなっているのか。

海上保安庁発行の海図を買いました。
f:id:keitarose067018:20180708104507j:image

 

なんと、不時着した現場周辺はこんなに掘られていました。かつて6mだった場所が12m......なんと、2倍ほど深くなっています。

ここまでとは思ってもみませんでした。

 

 

掘られている範囲は旧海岸線から1000mあるかないかという所まで。証言の不時着位置と合わせると結構微妙な感じですが、もし仮にこの中に一式陸攻があった場合は探すのが困難ですし、そもそも工事の時に見つかってしまっているでしょう。最悪の場合、そのときに解体されたかもしれません。

 

 

しかし、海図をよく見ると.....
f:id:keitarose067018:20180710132003j:image

赤丸で囲った部分ですが、所々浅瀬が不自然に残っている部分があります。

しかも、例の漁師さんの家の前で、旧海岸線からは600m~700m。

 

一体どういう理由でこのように浅い部分が残っているのでしょう?単なる気まぐれ?

それとも、湖底を掘る際に何かジャマな物がここにあったから?

 

さらに、太平洋戦争当時の美保基地の航空写真を入手しました。
f:id:keitarose067018:20180712002307j:image

戦時中、米軍が撮影したものだそうです。

ちょっと画像が汚いですが、滑走路が4本あるのが見えるでしょうか。現在とはどの滑走路も向きが異なります。

現在の滑走路って戦後に新設されたものだったんですね。

 

不時着した当時は安来市方面から風が吹いていたそうなのでおそらく、画像中の右肩上がりに伸びる一際細い滑走路、この第4滑走路を使用して離陸を試みたのではないかと思います。

 

 

そして、この4本の滑走路と現在の海図を照らし合わせると、このようになります。
f:id:keitarose067018:20180712003255j:image

 手書きなので正確性にはやや欠けますが、第4滑走路から引いた直線は例の浅瀬と非常に近い距離を通ります。掘削作業時に障害物があったからここを避けた、というのはあながち間違っていないのでは.....

 

 

 

「よしここだ!!ここに行ってみよう!!」と梅雨が開けるのを待って再び海へ。

 

この日は波がない。
f:id:keitarose067018:20180719100205j:image

 

元々海水浴が趣味なので装備は一通り揃っています。
f:id:keitarose067018:20180719100254j:image

 

 

 

そして今回初登場の頼もしい新装備達。
f:id:keitarose067018:20180719100436j:image

 ポータブル魚群探知機と防水カメラです。

魚群探知機は魚だけでなく水深と大まかな地形を測ってくれます。

 

 これがあれば大丈夫だろう。

そう思っていざ入水。

 

 

が、

 


f:id:keitarose067018:20180723094052j:image


f:id:keitarose067018:20180723094129j:image

 水めっちゃ汚ねぇ.........

 

 

 

なんと、50cm先が見えません!!!

腐ったお茶のような汚い緑色に濁っています。市のホームページによるとこの周辺の透明度は2.5mですからこの日は普段よりずっと汚いです。

 

先週の西日本豪雨の影響でしょうか。こちら側でも結構降ったので一気に河川の濁った水が流入したのでしょう。

中海は外洋に繋がる水路が狭いので水の循環が遅いのです。これはもうしばらく待たないと行けませんね.....

 

 
それと、まっすぐ泳ぐのが難しかったです。この辺りは微妙に流れがあり、知らぬ間に少しずつ流されてしまいます。GPSかなにかがあった方が良さそうです。

 

 

 

 

 

もう少し時間をおいて再度チャレンジしたいと思います。

 

 

 

 

 

う~ん。どれだけ綺麗になるかなぁ.....

 

 

 

 

                   ~続く~

 

 

 

 

 

甦れ!タウンメイト!!! ~大山ツーリング編~

 

 

 

先日、 完全復活を成し遂げた2台目タウンメイト。

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

レッグシートもいい感じにできました。

さっそくナンバーを取り、2年の自賠責を付け、いよいよ公道に復帰です。

f:id:keitarose067018:20180722193647j:plain

 

さっそく走ってみたところ初めはなんと20km/h以上出ず.....

いつもの港で全開走行したり、空ぶかししてみたりでようやくまともに走るようになりました。

 

ベンリィは4馬力、メイトは5馬力なのでこちらのほうが若干パワフルです。

ビジネスバイクらしく1速は超トルク重視、2速は20km/h~40km/hまで幅広く対応しています。3速はかなり高速にふられていて、40km/hからじわじわとかなり時間をかけて加速していく感じです。最終的に60km/hくらいまで出そうです。

50ccは30km/h制限なので3速はほぼ使わないということになりますね。

 

ベンリィは30km/h付近で走ることが非常に難しいのですが、こちらは2速でアクセルを半分ほど開くとちょうど30km/hくらいのスピードで走ることができます。

バイクとしてはベンリィが優秀、ビジネスバイクとしてはタウンメイトが優秀って感じです。

タイヤも古いせいか走行の安定性にちょっと不安があります。1992年式のタウンメイトはブレーキをかけた際にフロントサスペンションが浮き上がる(1996年式は沈み込む)のでちょっと怖いです。特に急ブレーキが。

 

 

 

 

 

 

 

そうこう言ってると、ナンバー登録したその日のうちに転びました(笑)

やっぱり急ブレーキでした。地面が鉄板だったのとタイヤがツルツルだったのが原因です。

登録から事故車になるまでのタイムを競う大会があったら多分優勝できたんじゃないかなぁ...って思います。

幸いバイクは全くの無傷、私は肩の捻挫と無数の擦り傷で済みました。

皆さんも事故には気を付けてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁでも、とにかく距離を走らないことには調子が上がらないのです。

痛む肩をおしてツーリングへ。

 

以前、バイク屋さんが「大山に行くと調子が良くなるぞ」と言っていたので、

今回もまた大山に行きます。

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

 

出発したのはまたもや午前11時。涼しい朝のうちに行こうと思いつつのんびりしていたので結局一番暑い時間帯に.............道は前回と同じです。

出発して20秒で調子が悪くなりいきなりエンストしました(笑)

プラグを拭いて再度エンジンをかけると復活。結局、原因はよく分かりませんでした...

こんなんで大丈夫かなぁ.....

 

 

 

その後は調子がよく30分ほどで大山のふもとまで来れました。もうすでに3速は使い物になりません。

f:id:keitarose067018:20180722201214j:plain



途中「大山望」という道の駅的なところで休憩。

f:id:keitarose067018:20180722201930j:plain

1300円払えば1時間、ホンダのズーマーを貸してくれます。

 

 レストランもあります。以前は学校の食堂みたいなメニューが多かったですが、最近は大山の高級食材を使った結構本格的なメニューが多く登場し、侮れないです。

値段もちょうどいい安さなのでおススメです。

 

 

オダギリギョーみたいな髪型のヤギがいます。

f:id:keitarose067018:20180722202717j:plain

レジ横でエサが売ってるのでエサやりもできます。

この日の気温は35度を越えていました。

いつもは大変やかましいこのヤギですが、今日は小屋に籠りっきり。「お前も暑いか?」と聞くとよわよわしい声で「メェ...」と鳴きました。

中では地元の野菜のほか、地元の人が作った手芸作品なども売られています。

 

 

著作権的にギリギリのラインのキーホルダー。訴えられたら多分負けます。

f:id:keitarose067018:20180722203456j:plain

商品名は「キーホルダー」なので多分セーフ()

 


歓迎してくれていたのか威嚇していたのか終始よくわからなかったコーギーを尻目に再び出発。

f:id:keitarose067018:20180722203841j:plain

 

 

 

 

このあたりから坂がきつくなってくるのでずっと2速です。

f:id:keitarose067018:20180722204148j:plain

暑い。

あまり長く低速&高回転で走るとエンジンが止まってしまいます。

パワーが落ちてきたらその都度休憩。

 

 

 

 

 

 

前回来た時、ベンリィがやられた坂です。

ベンリィでは再発進ができませんでしたが、さすがは5馬力のタウンメイト。

難なく坂発進をこなしてみせました。

f:id:keitarose067018:20180722204435j:plain

 

 

 

30分くらい走り続け、ようやく大山寺参道に到着。

f:id:keitarose067018:20180722204857j:plain

今日もツーリング客が結構いましたね。

みんな600ccとか750ccの大型バイクばかりで50ccでこんなところまで来ている人は前回も今日も私だけでした。

 原付ライダーは交流の対象外になりがちなんですよねぇ.......

 

 

 

前回同様、大山参道市場でパンを買いました。

f:id:keitarose067018:20180722205122j:plain

ソーセージパン 250円



f:id:keitarose067018:20180722205233j:plain

玄米パン 70円



標高が高いので割と涼しかったです。

先日転んで体が痛いので本堂には行かず、パンを食べたらすぐ引き返しました。

 

 

ここの夏は夏の匂いがします。

f:id:keitarose067018:20180722205602j:plain

 

 

 

帰りにこのすぐそばの祖母の家に寄りました。かつての大山寺領、添谷という場所です。名前の通り、谷沿いにあります。

f:id:keitarose067018:20180722205731j:plain

 

 

とてものどかでいつ来てもいいところです。

f:id:keitarose067018:20180722213323j:plain

 

昔は夏でも涼しかったので、この辺の家はどこもエアコンがありません。しかし、今年はあまりにも暑く、多くの世帯が一斉にエアコンを導入を決意したそうです。

工事が間に合わないのだとか。

f:id:keitarose067018:20180722213358j:plain

 

添谷神社。

f:id:keitarose067018:20180722214648j:plain

 

明治政府から捨てるように命令されたマイナーな神様も信仰深い村の人々によって守られ、いまでもこっそりと祀られています。

f:id:keitarose067018:20180722214738j:plain

これはお風呂の神様。

f:id:keitarose067018:20180722214954j:plain

 

ちょっとホラー。

f:id:keitarose067018:20180722221746j:plain

 

 

 

雰囲気抜群の分校跡。

f:id:keitarose067018:20180722213603j:plain

ちなみに冬はこんな感じ。

f:id:keitarose067018:20180722213713j:plain

 

 非常にいいところなんですが、ここ数年は人口減少が激しく今後の存続が危ぶまれています。時代の流れは残酷です。いつまでも無くならないで欲しいです......

 

 

↓移住者の受け入れも積極的にやってます。

www.daisen.jp

 

 

 

 

そんなわけで今回、70kmほど走り、だいぶ調子が上がってきました。

f:id:keitarose067018:20180722215117j:plain

多分長年放置されてたまった汚れも落ちたんじゃないかなと思います。

まだまだ乗り心地はいいとは言えず、どこかギクシャクしてる感じがありますが、これからちょっとずつ改善していきたいと思います。

雨でも乗れるバイクを目指しているのでタイヤも新品に変えたいところです。

できればオフロードっぽいやつがいいですね。

 

 

なんやかんや色々ありましたけど、「甦れ!タウンメイト!!!」シリーズもこれで終了です。

 

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

akiyuki2119067018.hatenablog.com

akiyuki2119067018.hatenablog.com

akiyuki2119067018.hatenablog.com
akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

 

 これからよろしく。タウンメイト。

 

 

 

                          

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

甦れ!タウンメイト!!! ~完全復活編~

さて、前回12V化に無事成功(?)した2台目のタウンメイト。

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

 

後は錆を落として錆止めをする、駆動部に油をさす、車体の掃除をする、など依然書いたような内容のことをしていきます。

 

塗装は来年に...ということになりました。

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

 

 

ついでにキャブレターも状態が良い2台目の方をオーバーホール。こっちはゴム部品が綺麗です。これならオーバーフローもしなくなるでしょう。
f:id:keitarose067018:20180716222531j:image

 キャブクリーナーがなかったので、エンジンコンディショナーを使ってみました。

泡なので細かいところまで浸透することはありませんが、キャブクリーナーより汚れが落ちます。ジェットの詰まりが取れなかったのでオーバーホールしてあるもう一個のキャブと交換。

 

 

 

レッグシートもスリムにカット。
f:id:keitarose067018:20180716223049j:image

線を引くのは難しいのでこのようにテープで切る範囲を決めます。

 

いい感じです。
f:id:keitarose067018:20180716223210j:image

 
f:id:keitarose067018:20180717213019j:image

こんな感じで見た目がシュっとしました。
f:id:keitarose067018:20180716223237j:image
f:id:keitarose067018:20180716223332j:image

 

それとマフラー。なんと2台目の方のマフラーは腐って穴が開いていました。パワフルな音だな~って思ってたら...やっぱり....

 
f:id:keitarose067018:20180717212959j:image

 

なのでもう1台の方のマフラーに交換。

こっちはボルトがちゃんと取れるのであのような悲劇は起こりませんでした。マフラー買うと高いので部品取り車があってよかったです。
f:id:keitarose067018:20180716223630j:image

ついでに後輪も掃除済みの方に交換。

 

ちなみにマフラーガスケットのサイズを間違えて購入してしまいましたが切って直径を縮め、なんとか使っています。今のところ排気漏れは一切無し。


f:id:keitarose067018:20180719172714j:image

 

エアクリーナーのスポンジを買っていたので仕上げにこれを取付け。今までエアクリーナー無しでしか試走してなかったのであまりの豹変ぶりにびっくり。やっぱりこれ大事ですよ...
f:id:keitarose067018:20180716223930j:image

 

 

 

 

 

 

 

 
f:id:keitarose067018:20180716230826j:image

始動性もよく、走行した感じも良好。今すぐにでも公道が走れそうです。

 

今回のレストアは2日で終わりました。タウンメイトにも慣れてきましたね。

後はバッテリー買えば終わりです。

 

早くナンバー取りたい。

 

 

                             ~続く~

 

        

蘇れ!タウンメイト!!! ~12V化編~

前回の記事でエンジンが始動した2台目のタウンメイト。

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

 

結構調子良いです。10年近く野外放置だったとは思えないほど。

ただひとつ、不満な点があります。

それはこの車両の電装が6Vであるということ。最近は12Vが主流ですから、6Vの電球やバッテリーは近所のホームセンターでは手に入らないんです。電球を買うのにいちいちネットで注文するのもめんどくさいなぁ...

 

今どき6V車も珍しいですから、あえて6Vのままにしておくというのも考えたのですが、ライトが暗いそうじゃないですか。

12Vのベンリィでも暗いのにさらに暗いというのは目が悪い私としては非常に困ります。

 

う~ん....なんとか12Vにできないかなぁ...

そう思って調べてみたら12V化にする方法がいろんな方のブログに載っていました!!

しかも以外と簡単そうです。今回はそれらを参考に12V化に挑戦してみたいと思います。

 

 

 


f:id:keitarose067018:20180716205918j:image

この年式のタウンメイトはセルモーター搭載の12Vモデルとキックのみの6Vモデルの二種類があり、その2つは発電機が共通で6Vモデルも12Vになりうるポテンシャルを秘めているそうです。(ちなみに前買ったもう1つのタウンメイト50は比較的年式が新しい為、キックのみですが12Vでした。)

 メイトに限らず大体のバイクがそうらしいのですが。

 

 

 

12V化するにあたって交換しなければならない主な部品は...

バッテリー、レギュレーター、ウインカーリレー、電球、クラクション 、です。

幸いどれも手元にありますし、同じメーカーの同じバイクなので結構楽にできそうですね。

 

 

 

まずはウインカーリレー。タウンメイトの場合はスピードメーターの下らへんにあります。

IC07 バイク用 スズキ Vストローム650 2ピン ICウインカーリレー ハイフラ対策 12V車用 ハイフラッシュ

価格:599円
(2018/7/16 22:01時点)
感想(0件)

相変わらずごちゃごちゃしてます。
f:id:keitarose067018:20180716212333j:image

 

これです。ただ差し替えるだけでいいそうです。
f:id:keitarose067018:20180716212413j:image

 それと、この隣にウインカーの音を出す部品がありますが、こっちは特に大丈夫だそうです。実際変えなくてもなんとかなってます。

 

 

 

次はレギュレーター。これは少し加工が必要です。というのも、6Vのレギュレーターは3極、12Vのものは4極なのです。

まぁ、ただアースが1つ増えるだけなんですが。

 

【レギュレーター】ホンダ純正輸入品 SH634A-12 【モンキー ゴリラ(12V) CD50(12V) カブ12V(C50、AA01) NSR50 NS-1 JAZZ エイプ】【メール便発送はポスト投函のため、時間指定・代金引換に対応しておりません】

価格:2,479円
(2018/7/16 22:03時点)
感想(5件)

 

これが6Vのレギュレーター。
f:id:keitarose067018:20180716212845j:image

 

 

こいつが12V。
f:id:keitarose067018:20180716212930j:image

 

 

12Vレギュレーターの配線はこうです。

f:id:keitarose067018:20180716213231j:image

 

ちょっと分かりにくいので図に書きました。
f:id:keitarose067018:20180716221120j:image

....なお分かりにくいですが、まぁこんな感じです。私の使用した12Vタウンメイトのレギュレーターの配線はネットで調べて見た配線となぜか真逆でした。

おそらく汎用品はこの図を180度回転させた配線になるんじゃないかと思います。

 

 

カプラーから電極を抜いて差し替えるだけです。アースは適当に自分で作って車体の適当な場所に付けてください。

 とりあえずどれがどれだか分からなかったら適当に繋いでキックしてみれば良いでしょう。ニュートラルランプが光れば成功です。

 

そして、バッテリーですが、6Vと12Vでは全く大きさが違うので、ステーを加工する必要があります。私は12V車を持ってるのでそれのものと交換しました。

切って対応している人もいます。

 

左が6V、右が12Vのもの。
f:id:keitarose067018:20180716213902j:image

車体の寸法は同じなのでスペースは大丈夫です。

 

買ったときに付いてきた15年放置のバッテリー。ダメ元で充電。
f:id:keitarose067018:20180716214101j:image

 

無理でした。新しいの買います。

 

 

 

残りは電球とクラクション。

ヘッドライト、ウインカー、テールランプの他にニュートラルランプやメーター照明、スピード警告灯の電球も交換してください。T10という規格です。

 

ラクションもただ12V対応の物に交換するだけ。滅多に鳴らさないので一回限り鳴ればいいならそのままで良いかも....

 

 

 

 

 

 

 

以上で部品の交換は終了!

バッテリーが無いので何とも言えませんが、エンジンかかって電球が光れば大丈夫だと思います。ヘッドライトも明るくなり、これで夜道も安心ですね。

 

 

                                      ~続く~

 

 

 

 

蘇れ!タウンメイト!!! ~進路変更編~

キャブレター洗浄やクラッチの掃除でなんとか乗れるような状態に(多分)なったタウンメイト。

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

「後は塗装のみ」という所まで来ていましたが問題が山積みです。
f:id:keitarose067018:20180715231244j:image

特にあのマフラーボルト。あれがどうやってもつきません。溶接ができれば多分いけるのですが....家に溶接機なんてあるはずもなく...。

 

↓最大の失敗でありすべての元凶。

akiyuki2119067018.hatenablog.com

 

じゃあ溶接屋を回ってみるかと言っても、持っていく為にはエンジン分解しなきゃいけないし、ならガスケットも買わないと.....

 

 

めんどくせぇ!!!!

 

 

 

にっちもさっちもいかなくなりしばらく放置していました。

メイト2台あるし、最悪パーツ取りに回そうかなぁ......いやぁでもなぁ.....ここまでやったし.....

 

 

 

 なんて考えてる間に、

 

 

 

どこからともなくまた新たなタウンメイトがやって来ました(笑)
f:id:keitarose067018:20180715232021j:image

 80ccの方のパーツ取りに、と4000円で買ってきたそうです。50ccです。

数年間野外放置だったようですが、結構状態が良い。

シートも破れが一切無く、キャリアもついてます。

中古パーツでもネットで買うと普通に結構な値段がするので、車体1台丸ごとでこの値段ならずいぶんお得です。

 

 

 

f:id:keitarose067018:20180715233047j:plain

千代に八千代に苔の生すまで放置されていた模様。

 

f:id:keitarose067018:20180715233129j:plain

突然の天変地異に驚いたアリ達が引越しを始める。




まぁちょっと汚れてはいますが、塗装の状態的にもまだ生きてる感じです。

1台目よりはずいぶんマシです。

 

 

 

そこで、トラブル続きでだいぶ弱っていた私は思いました。

「よし、こっちをベース車にしよう。」
f:id:keitarose067018:20180715232908j:image

 

ええええええええ!?!?今までのアレ何だったの!?

って感じですけど、こっちのほうがずっと楽に治りそうなのだから仕方がありません。

 

 

と、いうことで早速OH済みのキャブレター を移植して、キックすること数回.....


タウンメイト50

エンジンかかりました。

タイヤに空気を入れて、家の前の空き地を走ってみましたが普通に走れる....

クラッチも固着していないですし、マフラーボルトも楽にとれそうです。←ここ大事。

 

なんと、たったの30分でレストア終了。

 

楽!!!!!めっちゃ楽!!!

 

 

一体いまさら何が悲しくてこちらを部品取りに回さねばならないのでしょう。

誰かわかる人がいたら教えてください。

 

ということで、次回からは、今ある2台の50ccを使って、1台に組み上げていきたいと思います。

 

 

 

 

 

あ、言い忘れましたが、こっちは6Vなんですよね..... (もう1台は12V)

 

 

 

                          (続く)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
バイクランキング